バッグのお手入れ

レザー、革バック

レザー、革バック

皮革製品、特にレザーバッグをご家庭で水洗いすることは現実的に困難です。 その理由として、縮みや伸び等の変形や色移りや色落ちが発生する可能性が高いことが挙げられます。 一般のクリーニング店でも断られるケースが多いでしょう。 そもそも通常のクリーニング店では手洗いによる水洗い作業を行っておりません。
日頃どのようなメンテナンスをしておくべきか・・・ デリケートなレザーには日常のお手入れが欠かせません。 まったく汚れていない時でも、やはりお手入れは必要です。
では、一緒に考えていきましょう。日々の実践が大切です。

戻る

キャンバスバック

布、キャンバスバック

雨に濡れてしまった・・・そんな時でもスピーディな処置が肝心です。 やわらかいタオルで、叩き拭きをしましょう。水気を取ったら風通しのよいところで形を整え、陰干しをしましょう。
※バッグを日光にさらすと生地がダメージを受けてしまいます。 バッグのカラーが濃いと、日焼けを起こす場合も・・・ ここでは、バッグに応じたお手入れ方法をご紹介したいと思います。

戻る

スエード・バックスキン・ヌバック等、起毛革

スエード・バックスキン・ヌバック等、起毛革

スエードは起毛革の総称と言えますが、実際はバックスキン、ベロア、ヌバックと様々な呼称があります。バックスキンとは鹿革のことですがショップではこれをスエードと呼んでいることが多く見られますね。 ベロアとは皮革の裏皮を使用した製品で、見た目には表を起毛したヌバックと変わりありません。どちらもスエードと言えるでしょう。
繊細で扱いづらいスエード製品。日頃どのようにケアしてあげたら喜んでくれるのでしょうか。スウェードを守るお手入れ方法をアドバイスしたいと思います。

戻る

保管の仕方

保管の仕方

ブラシ、布などでよごれを取ってから革専用クリームを塗り、風通しのよいところで保管してください。
また、カビ発生の原因になりますので、ビニール袋には入れないでください。
湿度の低い乾燥したヨーロッパで作られたブランドバッグは、湿度の高い日本で保管しているとべたつく、 革の硬化、劣化を起こします。風通しの良いところで保管する、天気の良い日に陰干しするなどを心がけて下さい。

戻る

バッグの取っ手の汚れに注意

バッグの取っ手の汚れに注意

バッグの持ち手は負担がかかりやすい部分のため、長く使っていると傷んだり、手垢などで汚れたりしてしまいがち。 本体部分はキレイでも、持ち手やショルダー紐がボロボロだとバックがとても古ぼけてしまいます。
バッグは取っ手から古くなっていくのです。
持ち手に汗や皮脂汚れ等が革に吸収されています。 放置すると、革の染料が変化を起こし、革自体も劣化してスレが起こってきます。
ここは日常的にお手入れが必要です。 中性洗剤を湿ったタオルに少し付けてなじませ、ふき取ります。 そして堅く絞ったぬれタオルで拭き取ります。風通しの良いところで乾かし、 すっかり乾いたらレザー(革)バック用クリームでまんべんなく拭いて下さい。

戻る

雨に濡れたとき

雨に濡れたとき

そのままにして置くと必ずカビが生えます。 乾いた布でふき取り、形を整え新聞紙などをつめて、陰干しをしてください。
直射日光、ドライヤー、ストーブなど高温での乾燥はレザー(革)の変質、型崩れ、収縮の原因になりますのでおさけください。 乾いた後、皮革用クリームをうすく塗り、脂分をあたえることをおすすめします。
あらかじめ、防水スプレーを掛けておくと、雨染みはかなり防げます。 防水加工してあるものも、年月が経つと効果が薄れるので、防水スプレーで再度予防します。

戻る

もしカビが生えてしまったら

もしカビが生えてしまったら

革はタンパク質なので、湿気があるとカビが発生します。 カビをみつけたらすぐに風を通して湿気をとばし、カラ拭きやブラッシングをしましょう。 まだ新しいカビなら、堅く絞ったぬれタオルで拭くとすっかり取れてしまいます。
バックの中(裏地)はカビが発生しやすいので、忘れずに拭き取りましょう。 放置しておくと、カビは茶色に変化してきます。 茶色のカビは菌が根付いてしまい、革の繊維を傷めてしまっているので、取り除くことが出来ません。
カビは汚れ、高温、多湿などで繁殖します。 予防法は、雨に濡れたら、乾いた布ですぐ拭き取り、良く乾かします。 保管は風通しの良い所に。そして、時々取り出して風通しのよい場所で、陰干しして下さい。 乾燥したヨーロッパで作られたブランドバッグは、高温多湿の日本の湿気に弱く、カビが生えやすく、 ベタベタになったり、収縮したりする事がありますので、手入れを怠らないことが大切です。

戻る

カーフなど水染め、アニリン染めのレザー(革)バック

カーフなど水染め、アニリン染めのレザー(革)バック

市販のクリーナーを使用せずに、念入りにからぶきして、汚れは消しゴムを使ってで汚れを落とすのがポイントです。
それでも汚れがひどい時は専用の革クリームをご使用すると効果的ですが、アニリン革はつけすぎると必ずシミになりますので注意が必要です。
革レザー用のクリームを使用時は、まず目立たない小さな場所でシミにならないか、確認のテストをしてから布ではなくスポンジを使うのがポイントです。薄くクリームを塗って、レザー(革)バックの汚れを取っていきます。
色があせてしまった部分の補色は無色の専用クリームを丹念に塗ったあとで、バッグと同色のクリームを使って擦り込むように良く馴染ませます。

戻る

ヌメ革

ヌメ革

ヌメ革とは、タンニン(植物の渋)でなめした後に染色や塗料で仕上げを施さない、天然のレザーのことを言います。ルイヴィトン・モノグラムシリーズの底の部分や紐革の部分などがヌメ革にあたります。 時間の経過とともに手脂の付着してくることもありますが、湿度などの関係で新品の肌色から、飴色、茶色に変色してきます。
ヌメ革の手入れは専用のクリームが市販されていますのでそれを使用して下さい。とても日焼けをしやすい素材ですので風合いの変化を楽しみながら使用したいものですね。

戻る

ムートン、シープスキン

ムートン、シープスキン

雨に濡れてしまうだけでもシミになり、取り返しのつかなくなるムートン。 その扱いづらさとは対照的に、リッチな風貌と温もりに溢れた感触が世のお洒落な女性達を虜にしています。

戻る

  • お問合せ
  • ご注文
  • トピックス
  • バッグのクリーニング
  • バッグのお手入れ
  • リカラーとは
page top