バッグのお手入れ

バッグのお手入れに戻る

キャンバスバッグのお手入れ方法

汚れやすい布地バッグを守る術は日常に

雨に濡れてしまった・・・そんな時でもスピーディな処置が肝心です。 やわらかいタオルで、叩き拭きをしましょう。水気を取ったら風通しのよいところで形を整え、陰干しをしましょう。

※バッグを日光にさらすと生地がダメージを受けてしまいます。 バッグのカラーが濃いと、日焼けを起こす場合も・・・ ここでは、バッグに応じたお手入れ方法をご紹介したいと思います。

皮革・レザー製品の保管方法

毛やホコリなど、軽度の汚れなら乾いた布や毛先のやわらかいブラシでさっと落としてください。それでも落ちない汚れは、靴を洗う要領で洗濯洗剤を使いブラシ洗いをしましょう。
カラーキャンバスは防水加工が施してある場合が多く、ホワイト系に比べさらに丁寧に扱う必要があります。 型くずれや色移りのおそれがあるため、洗濯機は避けた方が無難です。
スレ汚れには、プラスチック製の消しゴムで落とすことができる汚れもありますが、強くこすってはいけません。 油性汚れ(手アカ皮脂汚れ、醤油、など)は、中性洗剤を薄めたものを毛先のやわらかいブラシに付けて軽くこすってみましょう。 この時、ゴシゴシは禁物です!
何事も優しく洗ってあげるのがコツ。布繊維は皮革に比べて水には強いものの、デリケートには変わりありません。また、バッグ内部に洗剤がしみ込まないよう気をつけましょう。ベンジン、シンナー等、有機溶剤は絶対に使用しないで下さい。乾燥は風通しのよい日陰で。網の上やランドリーハンガーの上に寝かせるように置いて、平干しをしましょう。

ワンポイントアドバイス

梅雨時など、湿気の多い時期に怖いのがカビ。 保管するときは、カビから守る為しっかり陰干しをして水分を除くことが大切。 さらに湿気を避ける為、通気性のよい布で包んであげましょう。 他の物と密着しないよう、風通しのよい場所で保管してください。 型くずれや臭い移り等を避けるため、バッグの中身は空っぽにしておきましょう。

バッグのお手入れに戻る

  • お問合せ
  • ご注文
  • トピックス
  • バッグのクリーニング
  • バッグのお手入れ
  • リカラーとは
page top