ブランドから探す

「ブランドの中のブランド」“エルメス”


エルメス・バーキン
エルメス・バーキン

エルメスの歴史と技術

「ブランドの中のブランド」言われている“エルメス”は、 1837年、馬具職人「ティエリ・エルメス」が パリに馬具工房を開いたときから始まりました。 エルメスのブランドロゴは、馬がシンボルになっていますね。スカーフのデザインにも馬車や馬具などが特徴的です。 これらは創始者である馬具工房店主のティエリ・エルメスへの敬意によって、現代まで伝承されているエルメスの基盤と言えるものなのです。 革の材質の良さ、なめし技術の高さ、加工技術の高さから、1867年にはパリ万博の馬具部門銀賞を授与され、 ナポレオン3世やロシア皇帝など、貴族御用達の高級ブランドとして発展していきました。 すでに馬を交通手段として用いる時代は終わりを告げようとしていましたが、エルメスの3代目となる「エミール・モーリス・エルメス」は、時代の変化を的確に判断し、エルメスの持つ馬具製作の技術を活かしながら、バッグの製作を開始。1892年には最初のバッグ「サック・オータクロア」が発表されました。 「ファスナー」の特許を申請して、バッグに初めて使用したのもエルメスです。 1923年には世界で始めて“ファスナー”を用いたとされるバッグ「ブガッディ(ボリード)」を発表。このファスナーは、ブルゾンにも使われ、この皮製のブルゾンはイギリスの皇太子が買い求めた…という逸話も残っています。 そんな中、エルメスの象徴ともいえる1つのバッグが生まれます。その名は『ケリー』。 1935年に発表された「サック・ア・クロア」を、ハリウッド女優でありモナコ王妃である「グレース・ケリー」が愛用し、雑誌ライフの表紙に彼女の写真が掲載されたことから、バッグ自体の名を「ケリー」に改称。 瞬く間に人気アイテムとなり、現在でも最も知名度のあるバッグとして高い人気を誇っています。 その後も、「バーキン」、「エル」など数々の人気バッグを生み出しています。 14代目のデュマ社長が、女優で歌手のジェーン・バーキンと飛行機でとなり合わせになって生まれたというエピソードがある「バーキン」 はエルメスの最高級バッグとして生まれ変わりました。 エルメスのバッグの縫製方法には、クウジュ・セリエという手法が使われています。 これはまず、1本の糸の両端に針を通します。そしてそれを使って革に打たれた縫い目の両側から糸をクロスさせて縫っていくのです。 この手法には熟練と多大な手間を必要とします。しかしその分だけ強く丈夫なバッグとなるのです。 エルメスは、開発から生産・販売まで一貫して本社で管理し、職人の手による価値の高い商品を送り出し続けることで、高いブランド・イメージと商品の希少性を維持しています。 しかし長年培われたエルメスのしっかりとしたバッグ作りにも、陰がでてきたものもあります。 革素材、縫製などは他のブランドを寄せ付けない程のしっかりとした技術がありますが、新素材、布コーティングなどになると日にちが立つ内に劣化する物もあります。 ブランドバッグのクリーニングと修理(リフォーム) バッグ汚れを落とし、薄汚れ、カビをキレイに染ます。バッグの色むら、スレ、キズ、破れを補修します。 リカラー(色補正)、染め直し、染め変え、エナメル再加工ができます。 裏地取り替え、手持ちの修理と取り替え、ベルト修理・リフォームいたします。 ファスナー修理、金具の再メッキなど、匠の技術でバッグをよみがえらせます。
≪ ブランドから探す一覧へ戻る
 

ブランド品のクリーニング・修理について

ADD SERVICE