トピックス

すっかり白茶けて退色してしまったヴィトンデニムに元色のブルーを丹念に染色。発色豊かな藍染め感を取り戻します!

日焼けと経年使用で色がすっかり抜けてしまったルイ・ヴィトンのデニムバッグ。 サック・ママンという名を冠するこのバッグ。実は、おむつ替えの為のマットが内蔵されている優れもの。 お持込みいただいたのは男性のお客様でしたが、一見するとビジネスバッグにも見える機能性の充実したマザーズバッグだそうです。 このようなデニム生地にも、弊社の染料を用いてリカラーを行うことが可能です。 すっかり白茶けて退色してしまった生地に元色のブルーを丹念に染色していき、発色豊かな藍染め感を取り戻しました。ロゴステッチと生地とで色の入りが異なるので、色分けの印象もはっきりと残し、鮮やかな発色が蘇ります。 革ベルト等の細かいパーツも擦れて傷みが見られましたが、しっかりと補色してあげることで皮膜の光沢も戻り、数年以上の若返りを実現しました。 新品に戻すとは言えませんが、メンテナンスを定期的に行うことで、何度でも蘇る。それがブランドバッグの底力だと思います。 u3-865_vuitton_be3u3-865_vuitton_af3
≪ トピックス一覧へ戻る
 

ADD SERVICE