お客様の声

バッグ・鞄 クリーニング&修理工房体験談

山本美穂さん(仮名)は、Louis Vuitton(ルイ・ヴィトン)のキャンバス地のトートバッグをお持ちでした。

“7年ほど前に旅行先のグアムの免税店で購入したバッグです。使いやすいし、すごく気に入っていて頻繁に持ち歩いてたんですが、去年に、半年ほど使わない期間があったんです。梅雨のシーズン時期が終わってクローゼットから出してみたら、カビだらけ!本当にびっくりしました”

ここまでひどくカビがはえてしまったら、もう捨てて処分するしかないだろうなと思っていました、と、山本さんは言います。

“お店に頼んでクリーニングができるものとは思っていなくって…ここまでひどい状態のキャンバス地のバッグが、キレイにできるとは思えなかったんです。でも、たまたま家に遊びに来ていた友人に何げなくこのバッグのことを話して実物を見せたら、もしかしたらキレイになるかもしれないよ、と言われたんです”

なんとバッグのクリーニングを受け付けているバッグクリーニングの他社業者でも、このタイプのキャンバス地素材のバッグの汚れ・カビ・シミ抜きなどのケースは、キレイになるかどうか相談しても多くの場合は断られてしまうそうです。

理由は実にシンプルです。キャンバス地のバッグのクリーニング・カビ取り・シミ抜きは、キレイにするのに高度の技術が必要な、プロの観点から見ても非常に難しい作業だからなのです。

しかし山本さんのご友人は、半年前に、デア バッグ・鞄 クリーニング&修理工房にご依頼をされた経験があったそうなのです。

“友人も、白いカビがびっしりついてしまった黒い革のカバンをデアに頼んで、キレイにしてもらったことがあったんです。その友人もここまでひどいバッグを、こんなにキレイにしてくれるとは思わなかった、と言ってました。それで、デア バッグ・鞄 クリーニング&修理工房をおススメしてくれたんです”

山本さんに対して、ご友人は「ダメ元で頼んでみたら?」とアドバイスをしてくれました。

山本さんはすぐにデア バッグ・鞄 クリーニング&修理工房をパソコンでインターネット検索しました。

デア バッグ・鞄 クリーニング&修理工房のホームページにアクセスし、ホームページに載っている、詳しいバッグ・鞄クリーニングの工程やバッグ修理についての情報を読んでみました。

“他社ではできない最高水準のバッグクリーニングと修理を、ブランドバッグの製造にかかわった経験のあるバッグ製造技術者がやってくれていると書いてあったのを見て、これは相当、ハイクオリティな技術なんじゃないかなと思いました。ここまで自信がありそうならば(笑)もしかしたらキレイになるかもしれない、と思って、すぐにインターネットから注文を入れることに決めました”

山本さんは、そのまま自宅のパソコンで注文を入れてくださいました。


“注文フォームのクリーニング予定のお品物をご記入ください、の欄には、しっかり状態を記入しました。ルイ・ヴィトンのキャンバス地のトートバッグで、赤っぽいカビが全体にはえてしまっています、と書きました。バッグの写真もスマートフォンで撮影して、添付しました”

現在のバッグ・鞄の状態、気になっている汚れやキズの部位、修理してほしい箇所のこと(例 取っ手・バッグのカドのいたみなど)など、詳しくバッグについて注文フォームにご記入いただきますと、クリーニング・修理工場での確認・検品作業が円滑に行うことができ、その後のクリーニング・修理の作業もスムーズに執り行えますので、お客様のイメージ通りの仕上がりに近づけることができます。

またお品物の写真添付も必須ではありませんが、写真を添付していただければ検品・確認作業の手がかりとなり、同様にお客様のご希望の仕上がりに近づけることができますので、写真を添付できるようでしたらお願いいたします。(写真添付することが難しいようでしたら、写真が無くても注文には特に差し障りありません。)

“梱包は手持ちの紙袋や丈夫そうなビニール袋を活用することにしました。集荷サービスは申し込むことにして、集荷に来てもらう日取りは金曜日の夕方に設定しました”

梱包はお手持ちの丈夫なビニール袋や紙袋・段ボール箱を使い、配送中に雨に濡れたり汚れがついてしまうことがないように梱包をしていただければ大丈夫です。(お手持ちに梱包に使えるビニール袋などがない場合は250円にて梱包用資材の入った集荷キットをご提供させていただくこともできます。)

“ビニール袋に入れて紙袋に詰めて、ガムテープで封をしておいたルイ・ヴィトンのバッグを、金曜日に引き取りに来てくれた佐川急便のドライバーさんに渡しました。荷札を記入する手間もなくて楽でしたね”

集荷サービスは弊社提携の佐川急便がご自宅までバッグ・鞄を引き取りにうかがいます。
送り先のデア バッグ・鞄クリーニング工場の住所やお客様の住所などをあらかじめ印字した荷札を、佐川急便のドライバーが荷物引き取りの際にお持ちしますので、荷札を貼って引き渡すだけの大変便利なシステムとなっております。(送料はバッグ・鞄のクリーニング・修理代金と一緒にご案内させていただきますので、その場での送料支払いなどはございません。)

“2日ほどで、「バッグが工場に到着しました」という荷物到着案内のメールがメールアドレスに届きました。本当にキレイになるのかその時点では半信半疑でしたが、あとは待つだけなので、出来上がりを楽しみに待つことにしました”

山本さんのご自宅から工場に到着した、ルイ・ヴィトンのキャンバス地のバッグ。
デア バッグ・鞄 クリーニング&修理工場では、まずは工場にバッグや鞄が到着すると入念な検品作業が行われます。

どの部分がいたんでいるか・どこにキズや汚れがついているか・外れている部品がないか・壊れている部分はないか・お客様の気になっている部分はどこか・すり切れたり摩耗してしまっている部分はないかなど、細かくバッグを確認していき、しっかりと記録を取ります。
取った記録は工場の職人で共有し、いよいよクリーニング作業に入っていきます。

デア バッグ・鞄 クリーニング&修理工房は、数多くのブランドバッグ・ノーブランドバッグのクリーニング・修理の取り扱い実績があります。

クリーニング・修理の難しい形状・材質のバッグや、特殊なバッグ・鞄、原因不明の汚れやシミがついてしまったバッグ、目立つキズがついてしまった鞄など、ブランド・ノーブランド問わず数多くのお品物を扱ってまいりました。

お客様が大切になさっているご愛用のバッグに、

●飲み物をこぼしてしまってシミができてしまった(バッグの裏地・バッグの表側)
●お子様がペンや絵の具でバッグに落書きをしてしまった
●クローゼットで保管していたらカビがはえてしまった
●革のバッグのカドの部分がすり切れてきてしまった
●長く使っていたらバッグの色があせてきてしまった
●バッグの取っ手がいたんでボロボロになってしまった
●バッグのチェーンが切れてしまった
●バッグの金具がくすんで変色してしまった

このようなトラブルが起こってしまったというケースは多く、デア バッグ・鞄 クリーニング&修理の窓口に毎日たくさんのお問い合わせをいただきます。
一つ一つのバッグの状態・素材・バッグの形状・いたみ具合・シミの原因などによってもクリーニングと修理の効果が見込めるか、クリーニングと修理でどの程度キレイな状態にできるかは異なりますが、デア バッグ・鞄 クリーニング&修理工房ではこのようなケースのいたんだバッグも数多く取り扱ってきました。

世界中の高級バッグメーカーの製品のクリーニングと修理に携わった経験豊富な技術者が、お客様のバッグ・鞄の素材・特性に合わせたクリーニングと修理をご提供させていただきます。

ルイ・ヴィトンをはじめ、シャネル、クリスチャン・ディオール、エルメス、グッチ、プラダなど、高級ブランド・ラグジュアリーブランドのバッグクリーニング・バッグ修理も数多くお取り扱いしております。

ぜひ、愛着のあるお気に入りの鞄やバッグがいたんでしまったら、捨てて新しいものを買い替えるという選択をする前に、クリーニングと修理をしてこれからも大切にお気に入りのバッグを使い続けるという選択肢も視野に入れていただきたいとデアは願っております。

さて、バッグの状態の記録を取る検品の作業が終了したら、実際にバッグをクリーニングしていきます。

落ちることが見込める原因のはっきりとしている汚れなどは、専用の水性・油性のクリーニング剤をそれぞれの汚れの種類・バッグや財布の種類によって選んで、表面に馴染ませて拭き取り、汚れを落としていきます。

布製品のバッグや、バッグ内側の裏地の布に飲料がこぼれてしまった場合などは、洗浄剤を使って慎重に布地のクリーニングを行います。

山本さんのバッグは、カビ汚れの多くついてしまったルイ・ヴィトンのキャンバス地のトートバッグでした。

山本さんのバッグは金具や革の部品がある製品のため、クリーニング方法として丸洗いは適しません。

こういったバッグクリーニングのケースでは、プロフェッショナルのバッグクリーニング&修理職人にとっても大変高度な、手間と時間の必要な難しい作業が必要なのです。

まず、金具や革の部品を避けた部分的なクリーニングを行い、汚れを除去します。表面に浮いたカビ汚れを取り去るため、ひとつひとつの汚れをブラシで優しく擦り、布で丁寧に拭き落としていきます。

無数についたカビ汚れをブラシと布で少しずつ、徹底的に擦り落とすという、緻密で根気の必要な作業を、時間をかけてバッグクリーニング職人が行っていきます。

その後は布地の具合を確かめながら、漂白剤を用いて慎重に少しずつ、変色汚れを落としていきます。
この工程も、キャンバス生地がいたまないように、微妙に加減しながら漂白剤を用いていきますので、丁寧で緻密な高いバッグクリーニングの技術が必要です。長年バッグのクリーニングと修理に携わった技術者の腕が試される作業です。

全体に多数の箇所にカビの変色汚れが見られ、キャンバス生地自体黄ばんでいるようでしたので、山本さんのルイ・ヴィトンのキャンバストートバッグの作業では、この漂白剤での緻密な処理がもっとも大切な工程でした。

バッグのクリーニング作業が終わると、修理のご希望があった場合は修理の作
業が開始されます。

デア バッグ・鞄 クリーニング&修理工房では、バッグのリカラー・色替え・エナメル再加工・ファスナー交換・持ち手交換など、多様なブランドバッグ修理に対応しております。

リカラー(色補正)とは、革製・布製などのバッグのキズ・シミ・汚れに、上から顔料・染料でバッグ本来の色と同じ色を塗り、目立たなくさせる方法です。

実に1000色もの顔料・染料からそのバッグにぴったりの色味の色を選び出し(同じ色がない場合は、職人が何色かの色を混ぜ合わせて、そのバッグにぴったりの色味の顔料・染料を作り出してバッグ修理に使います)キズやシミの箇所が目立たないよう、バッグ修復用のエアブラシやスプレーガン、細い筆を使って色を丁寧に上塗りしていくのです。

顔料・染料をバッグにぴったりの色に調合していく絶妙なさじ加減と、キズやシミの部位に適量の顔料・染料を塗り重ねてキレイに修復していく繊細なリカラー作業は、経験豊富な職人だからこそ行える、きわめて高難度なバッグ修復技術なのです。

リカラーで修復が不可能なほどいたんでしまったバッグや、広範囲のシミや汚れ・大きな傷などは、色替えという修復方法を選ぶこともできます。

色替えは、元のバッグの色味と全く違う色にバッグを染め替えてしまう方法です。

バッグのリニューアル・リフォームの意味で色替えをご希望されるお客様も多くいらっしゃいますし、キズ・シミ・汚れ・いたんだ部分を目立たなくするために色替えをすることもあります。

例えば、ベージュ色のバッグから黒のバッグへ色替えを行うなど、薄い色から濃い色に変えると、傷や汚れも目立たなくなり、バッグや財布をキレイに修復することができます。(濃い色から薄い色にする場合は、下の濃い色が透けて発色してしまう・傷や汚れが隠れないなど、難しいケースが多くなります)

リカラー・色替えどちらも、バッグ・鞄の素材・形状・汚れや傷の具合によって仕上がりも異なり、作業の効果が見込めるかもひとつひとつの品物の状態によって違います。

デア バッグ・鞄 クリーニング&修理工房は、リカラー・色替えのほか、他店・他社には取り扱いが少ないエナメルバッグのエナメル再加工処理の修理、壊れてしまったファスナー交換、いたんだ持ち手の交換、チェーンバッグのチェーン交換、金具修理なども承っております。

多様なバッグ修理に対応可能な高い技術を持つ職人が担当いたしますので、他社で断られてしまったバッグ修理も、ぜひ今一度デア バッグ・鞄 クリーニング・修理工房にお声がけください。

さて、山本さんは、工場に荷物が到着したという荷物到着のメールが来てからその後3週間ほどで、ルイ・ヴィトンのキャンバストートバッグのクリーニング作業が完了したので、バッグを発送いたしました、という発送案内のメールを受け取りました。

“結構、作業が終わるのが早いなあと思いました。あれだけひどい状態だったバッグがキレイになったかな…と思って、届くのをドキドキしながら待ちました”

発送案内メールが山本さんのスマートフォンに来て3日ほどで、山本さんのご自宅に弊社提携の佐川急便がバッグをお届けしました。

“代金引換手数料無料なので、支払方法は代金引換にしました。届けてくれた佐川急便のひとにバッグのクリーニング代金を支払って、バッグを受け取りました”

カビの変色汚れがひどかった山本さんのルイ・ヴィトンのキャンバストートバッグは、クリーニングが終わってちゃんとキレイになっていたのでしょうか?

“受け取ったルイ・ヴィトンのキャンバストートは、期待していた以上の仕上がりでした。あれだけのカビ汚れが、すっかりとれていました。捨てるしかないと思っていたほどひどかったのに!捨てなくて本当によかったです。ここまでキレイになるなんて、思ってませんでした”

山本さんはその後も、このお気に入りのルイ・ヴィトンのキャンバストートバッグを愛用されているとのことです。

“本当に使いやすいお気に入りなので、キレイになってうれしかったです。これからも手入れしながら、大切に使います。本当にありがとうございました”

山本さんにそう言っていただいて、私どもデアの全スタッフも大変嬉しく感じます。

バッグ・鞄 クリーニング&修理工房は、毎日たくさんのお客様からバッグのクリーニング・修理のご依頼をいただいています。また、デアの技術をお気に召してくださり、信頼を寄せてくださったリピーターのお客様も非常に多く、ご依頼を何度も繰り返しいただくこともあります。

ハイブランドバッグにキズや汚れがついてしまったり、いたんできてしまったお気に入りのバッグをお持ちでしたら、ぜひデア バッグ・鞄 クリーニング&修理工房にご依頼くださいませ。

いつでもインターネットより、365日24時間、バッグクリーニング・修理のご依頼をお待ち申し上げております。

ご注文はこちらから

≪ お客様の声一覧へ戻る
 

ADD SERVICE