ブランドから探す

「ブランドの中のブランド」“エルメス”2

エルメスガーデンパーティ

エルメスのカジュアルバッグとしては代名詞的な存在のガーデンパーティーシリーズのトートバッグ。 もともとガーデニング用品を収納するために誕生したバッグなので、物の出し入れに重宝するバッグです。 元々の名前は「ガーデン」日本で人気が出て「ガーデンパーティ」と言う名前がつきました。 人気が全く衰えない秘密は、たっぷりとした収納力がありながら大変軽く、しかもカジュアルなスタイルの中にも 程よくエルメスらしいエレガントさを兼ね備えている点にあるようです。 種類はキャンパス地がコットンのもの。ウールやツイードのもの。 トワルアッシュ(繊維の細かいエルメス独自のキャンバス生地です)素材のもの。 平織りされているのでしっかりとしています。 キャンパス地がレザーのネゴンダ オールレザーと種類も豊富です。 hermes1erumes2 上写真はトワルアッシュ(繊維の細かいエルメス独自のキャンバス生地です)素材のもので、 もっともポピュラーで人気の高いガーデンパーティです。 革とキャンパス地の境界線あたりに茶色いシミが浮き出ています。これはキャンパス地と革を接着して接着剤が劣化、 革の色と混じり合ってにじみ出てきたものです。 右写真はバッグの裏側の変色です。 平織りした布に樹脂コーティングが施されており、この樹脂が劣化化学変化を起こしたのだろうとおもわれます。 また底の革の染色が弱く、湿気の多い日本では色素が蒸発して、キャンパス地に移る昇華移染という現象を起こすこともあります。 馬具職人から始まったエルメスの革の技術の確かさには確かに脱帽しますが、新素材となるとその伝統に首をかしげざるを得ません。 これらはバッグクリーニング&リメイクではコーティングをハガして再コーティングが出来ませんので、残念ながら修復出来ません。 ブランドバッグのクリーニングと修理(リフォーム) バッグ汚れを落とし、薄汚れ、カビをキレイに染ます。バッグの色むら、スレ、キズ、破れを補修します。 リカラー(色補正)、染め直し、染め変え、エナメル再加工ができます。 裏地取り替え、手持ちの修理と取り替え、ベルト修理・リフォームいたします。 ファスナー修理、金具の再メッキなど、匠の技術でバッグをよみがえらせます。
≪ ブランドから探す一覧へ戻る
 

ブランド品のクリーニング・修理について

ADD SERVICE