ビフォー・アフター

【BEFORE】プラダ カナパ トートバッグの黄ばみ汚れ色褪せを再生【AFTER】

BEAF

作業前(画像左)/  作業後(画像右)

スライダーを調整してご覧いただけます

prada_b01prada_a1

ロゴを残すようキャンバス地をリカラーする

カナパといえば、表面にPRADAのロゴが大きくプリントされているのが特徴ですよね。 今回クリーニングとリカラーを施したわけですが、このプリント部分を変化させずにピンクの部分のみリカラーをしている技術にご注目ください。  

頑固な黒ずみ汚れも鮮やかに変化!

作業前(画像左)/  作業後(画像右)

スライダーを調整してご覧いただけます

prada_b02prada_a2
使用年月が長ければ長い程、黒ずみ汚れは頑固な汚れとなって染みついていってしまうのです。 デアのバッグクリーニングは水洗い(ウエットクリーニング)をしているため、クリーニングだけでもある程度の黒ずみ汚れを落とすことは出来ますが、写真のように真っ黒に近くなってしまった汚れはクリーニングだけで落とすことが難しいのです。 そんな時にリカラーをして色を足してあげることで、汚れが目立たなくなります。 またこのバッグは買った時は鮮やかなピンク色ですが、使用しているうちに染料が紫外線によって分解されて徐々に退色してきてしまうものです。 その退色してしまった色味もリカラーすることで鮮やかになりますので、新品のバッグを買ったとまではいかなくても「もう少しこのバッグを持とう」そう思えるくらいの仕上がりにはなっているのではないかと思います。 生地の劣化をしている部分は色が入らないこともありますが、このバッグの持ち手部分はキレイに色が入ったのではないでしょうか。

作業前(画像左)/  作業後(画像右)

スライダーを調整してご覧いただけます

prada_b03prada_a3
 

角が破れてしまったら

prada_kanapa_kado-300x225 底の四つ角が破れてしまったということがよくあるのではないでしょうか。 しかし生地自体の破れを修理することは出来ません。 そこでバッグに合うレザーを使用して破れ部分を隠す修理方法を行いました。 写真お品物の修理はカナパのブラックでしたので、スムースレザーを使用しての修理を行いました。 レザーを使用することで、四つ角の強度も増してこれからもご使用いただけるような形状になっているのではないでしょうか。 このようにバッグの状態によって修理の方法を個別に選定して対応することができます。

作業前(画像左)/  作業後(画像右)

スライダーを調整してご覧いただけます

作業前(画像左)/  作業後(画像右)

スライダーを調整してご覧いただけます

prada_kanapa_02b-300x174prada_kanapa_dea02a-300x174

キャンバス地バッグのお手入れ方法

食事や飲み会の時、バッグにシミが付いてしまったら、思わず手近にあるおしぼりで拭いてしまうことはありませんか? でもちょっとお待ちください!それは色落ちの原因になることがあるんです。 おしぼりは規則によって塩素系漂白剤で消毒するように義務付けられています。 また、保管中に細菌が繁殖しないように、ある程度の漂白剤成分が残されています。 そのため食事のシミなどがバッグに付いた時におしぼりで取ろうとすると、染料が落ちてしまう危険性があります。 では汚れが付いた時の応急処置はどうすればよいのでしょうか。 とりあえずティッシュペーパーを濡らして、つまむようにしてしみを吸い取って下さい。 叩くとかえって繊維の奥に成分を押し込んでしまいます。 こすると生地の風合いが変わってしまいますのでこすらないでくださいね。 残ってしまったしみは長時間放置しておくと固着してしまいますので、なるべく早くプロにしみ抜きを依頼するのが望ましいですね。 お手持ちのバッグのメンテナンスでお困りのことはありませんか? ご注文はこちらからお待ちしております。ご相談もお気軽にお問い合わせください。 ご注文の流れ料金表も併せてご参照ください。    
≪ ビフォー・アフター一覧へ戻る
 

ADD SERVICE