トピックス

【BEFORE】各種ブランドの金具メッキ加工【AFTER】

金具などのパーツを綺麗にしたい

金具などパーツを綺麗にすれば、まだまだ使用できるということも多いと思います。補修をしてもらおうと購入した店舗に行ったら、依頼を断られてしまったなどというご相談も多く頂きます。生涯使っていきたいものとして大切にしてきたバッグなら尚更、綺麗にしてあげたいですよね。

作業前(画像左)/  作業後(画像右)

スライダーを調整してご覧いただけます

CA380850 CA380935
写真はルイ・ヴィトンのバックの純正金具です。当然のことながら、多くの場合メーカーは、コピー防止のため純正パーツを漏洩したり、提供することはありません。そうなると、このような補修が必要になる場合も出てきます。

構造を把握し手作業を行います

メッキ加工はバックから金具を取り外して、再メッキ加工を施し再度取り付けます。取り外しのできない底鋲などは、表面を磨く作業を施します。 ファスナー修理は、既成品のファスナーを探して、ロゴ入りの金具が使えるなら取り付け直すという方法になります。バッグは様々なパーツが組み上がった状態で成り立っていますので、その構造を把握して適切な作業を行うことが大切です。こうした作業には知識と経験が大きく影響します。弊社のサービスなら多くの事例に対応可能です。 ご注文はこちらからお待ちしております。ご相談もお気軽にお問い合わせください。 ご注文の流れ料金表も併せてご参照ください。  
≪ トピックス一覧へ戻る
 

ADD SERVICE