トピックス

エルメスバッグにカビが生えた!

エルメスのバーキンにカビだらけの品物のご依頼が、バッグクリーニングに入って来ました。 どこに頼んでも、返品されたあげくのご依頼です。 超高級品ですので、バックの修理屋さん、バッグ専門のクリーニング店でも、 何かあったら困るので、見ただけでお断りしたのでしょう。 青いカビが外側に、内側もカビだらけです。名品パーキンが哀れな姿になっていました。 これだけカビがひどいのでは、やはり躊躇してしまいます。 パーキンやケリーなどエルメス製品のバッグのメンテナンスを手がけていて、 エルメスバッグのの素材の良さ、作り込みの確かさは定評があります。 そこで、バッグの目だたない隅っこの方でカビ落としのテストをしてみました。 カビがほぼ取れるではありませんか。 こうなれば、本格的にかび落としができます。 すみずみまで手作業で、カビを落としていきます。 そして、自然乾燥をさせて、再度残ったカビを落とします。 すっかり見違えるようになります。 やっぱりエルメスは違うと実感してきました。 一部カビが皮素材に浸透していて跡が残りましたので、慎重に色補正を施しました。 今回はカビが生えてから比較的時間がたっていなかったこと、 エルメスのバーキンの皮革の染色と皮素材がよかったのが幸いして、きれいに復元できました。 押し入れの中にしまいっぱなしで、梅雨の時期を通り過ぎると、バッグにカビが生えたということが、 よく起こります。 古くなってしまったバッグは、家庭のお手入れでは出来ませんので、 バッグクリーニングに依頼することをおすすめします。 次回は家庭でも出来るバッグのカビの落とし方をお伝えします。 erumes-barkin3
≪ トピックス一覧へ戻る
 

ADD SERVICE