バッグのお手入れ

≪ バッグ修理サービス一覧へ戻る

スエード、バックスキン、ヌバックのお手入れ方法

起毛に汚れが溜まるスエードを守るには。 スエードは起毛革の総称と言えますが、実際はバックスキン、ベロア、ヌバックと様々な呼称があります。バックスキンとは鹿革のことですがショップではこれをスエードと呼んでいることが多く見られますね。 ベロアとは皮革の裏皮を使用した製品で、見た目には表を起毛したヌバックと変わりありません。どちらもスエードと言えるでしょう。
繊細で扱いづらいスエード製品。日頃どのようにケアしてあげたら喜んでくれるのでしょうか。スウェードを守るお手入れ方法をアドバイスしたいと思います。

スウェードのお手入れ方法


スウェードのお手入れ方法
スエードはその起毛が特徴で多くの方に愛用されている製品ですが、その特徴が原因で扱いづらくもなる諸刃の剣と言えます。

一度汚れがついてしまうと起毛の中に潜ってしまい、除去することが難しく、どうしたらいいかわからずそのまま放置している人も少なくありません。
まず、雨に濡れてしまった場合ですが、やはり日光に当てずに陰干しするのは皮革の基本中の基本ですね。 そして、乾いた後のお手入れには専用のゴムブラシを使用することをおすすめします。 ゴムブラシは必ず、天然性の生ゴムを使用したブラシを選びましょう。 化学系ゴムブラシは、摩擦で起毛部分をむしり、汚れが取れているように見せかけるだけのものが多く、実際には起毛を傷めてしまうことがほとんどです。スエードの毛並みを保ち、美しく揃え、油分やこすれによるテカリを元に戻す効果がある天然ゴムブラシでブラッシングすることが最も大切な習慣と言えるでしょう。 ブラッシングは逆目に向けて行い、スエード表面のほこりや汚れを取り除いてあげましょう。

ワンポイントアドバイス 革クリームは起毛革(スエード)を硬くしてしまいます。スェードにクリームはNG!ということも覚えておきましょう。

スウェード製バッグのクリーニング・修理についてお困りなら、ぜひバッグ・鞄クリーニング&修理工房にご相談ください!

バッグクリーニング・修理のご注文はこちら

カンタン30秒でバッグのお悩み解決(フォーム・FAXは24時間受け付け!TEL受け付けは平日9:00~18:00)

ご注文前のお問い合わせ
0120-890-861
≪ バッグ修理サービス一覧へ戻る

INDEX

ADD SERVICE